--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるさとの南相馬市に帰りました。

2011
05/15
*Sun*
CATEGORY : 暮らし
お早うございますママンパパです。今日の朝近くの希望館に南相馬市から非難されていた、親子(Sさん)と柴犬(マロン)一匹がふるさとの福島県に帰りました。
我が家にとってSさん親子と柴犬との出会いは心に残る物がありました。
仕事が休みの日には息子(快耶)の保育園の送迎の時、家族での散歩の時・・・などマロンのところに寄って遊ぶのが日課になりました。

利口なマロン(最初は名前を知らずに勝手に ”リキ”と名づけて呼んでいました)に会えるのがとても楽しみでした。
そして飼い主のSさんとも仲良くさせていただきましたし、逆に力をもらい、マロンは癒しを与えてくれました。

Sさんは避難所での生活を ”本当にありがたい・・・何か恩返しが出来れば・・・”と滞在中の希望館前の歩道の草取りを毎日一生懸命して下さっていました。

DSCF1066_convert_20110515090437.jpg
こんなだった歩道の目地の草が・・・

DSCF1065_convert_20110515090247.jpg
こんなに綺麗に・・・

昨日散歩中に恒例のマロンタイムに行くと ”急に仕事が入り、明日帰ることになった・・・最後までここの草取り出来ないな・・・”とSさん。

そんな話しをしていたら歯医者帰りだというおばさんが ”マロン君、歯医者で聞いたけど明日帰っちゃうんだって・・・淋しいな・・・”と。
ほんとに利口な犬だったので我が家以外にもマロンファンはいたらしい。

その言葉を聞きマロンファンの我が家のギャング達はソワソワし、急にきてしまったマロンとのお別れに食事も落ち着いて食べれない様子。

家に帰ってもマロンの話しばかり・・・
DSCF1057_convert_20110515085833.jpg

昨日はほぼ1日中マロンと一緒で散歩もさせてもらい大喜びでした。

そして今朝・・・

6:00前に恵斗と叶人はマロンのところへ
その後私達も行ってみると ”9:30に出発だって! おじさんが餌あげていいよって!”とふたりはマロンのそばから離れようとしませんでした。
DSCF1058_convert_20110515090056.jpg

全く吠えないマロンでしたが快耶はどうしても近くに行くことが出来なかったのですが、最後のお別れはこんなに近くで餌をあげることができました。

最後の最後は非難されている方たち、職員の方、そして我が家の家族でお見送りです。

”こんなに沢山の人に見送られると帰れなくなっちゃうな・・・”とSさん。
マロンも喜んで車に乗り込みます。

地元に戻っても震災前の様な生活を取り戻すことはまだまだ先のことになってしまうかもしれません。
でもSさんの御家族とマロンはこちらの避難所の生活で沢山の人たちに愛されたように、福島に戻られても沢山の方たちに愛され、マロンは周りの人たちに癒しを与えてくれる事と思います。

Sさん、そしてマロン、お元気で・・・




スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

Author:Coeur De Maman
新潟県上越市頸城区百間町638-1
手づくり雑貨の自宅SHOP "Coeur De Maman"
日々のこと、SHOPのNEWS・・・など

 


 


 


 


 


 


FC2カウンター

 


カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 


検索フォーム

 


 


 


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 


QRコード

QRコード

 


Copyright © お気に入りの雑貨と優しい暮らし All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。